布から見つける、日本の文化 vol.2_① 〜敷物の歴史〜

COLUMN

 こんにちは!なこです。コラム第2回からは「敷物」について見ていこうと思います。

 「日本の染織」というと、やはり前回扱ったゆかたのような「衣服」をイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし、染織、その字の通りに染めたり、織ったりしたものは衣服だけに活用されてきたわけではありません。その一例として、今回から数回にわたって日本における「敷物」の変遷について追ってみましょう。

 原初の敷物

 では、早速順に時代を追って、日本の敷物の変遷を眺めてみることにしましょう。

 狩猟採集が中心だった時代には、小枝を積み重ね、草を並べて敷いた上に座ったり寝たりしていたと考えられています。もしくは、毛皮類を敷くこともあったようです。最も原初的な「敷物」ですね。イメージ通りでしょうか?

 その後縄文時代になると、織る・編むという技術が用いられていたと考えられています。そして弥生時代には、大陸人からもたらされた道具や文化によってより発展しました。ここで作られたのが薦(こも)や筵(むしろ)です。草や稲の栽培によって得られた藁などを用い、敷物や壁にしたようです。

 こも

 こもとは、湖や池に生息する葦に似た植物です。食用にもされていたほど、人々に馴染み深いものでした。そのため多くの人に広く使用されました。また奈良時代以降の貴族は畳の下敷きに用いたそうです。

 この「こも」は、現在でも使われています。害虫駆除のため(?)に木の幹に巻かれていたり、冬場に雪から木々を守るために巻かれていたりするアレは、こもです。きっと皆さんも見たことあることでしょう。これを、昔は上に人が座るためのものとして使っていたそうです。

 むしろ

 むしろには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。(〇〇むしろ、というようにむしろの中にたくさん種類があります。)「こも」もむしろの一種として、「こもむしろ」と言うこともあります。藁などで編んだもの全般をむしろと呼んでいるようです。歌に詠まれて記録に残っているものも多くあります。

 むしろは、こもにとてもよく似ていますが、材料に植物だけでなく絹や麻を用いることがありました。用途としては、座るためだけでなく寝具としても用いられました。また、農家では藁むしろを袋として使用し、「ござ」と呼ぶこともあったそうです。

 小括

 今回は、古代には主に植物を用いた敷物が主流だったことを見てきました。また、縄文時代にはすでに「織る・編む」という技術があったことも重要です。(そういえば国立歴史民俗博物館には、それをあらわす、織物をしている埴輪があります。)

 次回は仏教伝来以降の敷物を見ていきます。

 では、またお会いしましょう!

 *参考文献

・岡崎喜熊『敷物の文化史』学生舎、1981

『とらくら厳選 』今月のおすすめ工芸品は博多織のストールです!【タップ】で商品概要へ→

なこ

なこ

都内の大学三年生です。日本の染織を中心に、幅広く日本文化について学んでいます。 趣味は写真、音楽(サックス)、喫茶店巡りなどです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  9. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  10. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

最近の記事

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3. U25に”着物を着る機会”を届ける企画「KIMONOTOモデル」を開始

  4. 【久留米絣】久留米絣の”空間”を作る。坂田織物の絣の未来を作る仕掛けとは

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. まるで『下町ロケット』?!日本の漆を世界へ、松田権六『うるしの話』工芸×本

  7. 工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

  8. この夏注目「再現 女性の服装1500年-京都の染織技術の粋-」展 文化学園服飾博物館

  9. 東京国立博物館レポ~常設展~

  10. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  8. 8

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 9

    布から見つける、日本の文化 vol.0

  10. 10

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

最新 人気 特集
  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3. U25に”着物を着る機会”を届ける企画「KIMONOTOモデル」を開始

  4. 【久留米絣】久留米絣の”空間”を作る。坂田織物の絣の未来を作る仕掛けとは

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. まるで『下町ロケット』?!日本の漆を世界へ、松田権六『うるしの話』工芸×本

  7. 工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

  8. この夏注目「再現 女性の服装1500年-京都の染織技術の粋-」展 文化学園服飾博物館

  9. 東京国立博物館レポ~常設展~

  10. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  9. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  10. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  5. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  6. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  7. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  8. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  9. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP