『バカ塗』を世界へ~津軽塗職人父娘の挑戦~ 高森美由紀『ジャパン・ディグニティ』工芸×本

COLUMN

◆「ジャパン・ディグニティ」=「漆の気高さ」

そう、漆のことを(古い)英語では、ジャパンということがあるそうです。それだけ日本の代名詞であった漆。特に津軽塗は「バカ塗」と呼ばれるそう。なぜなら、四十八もの工程があって「バカに塗ってバカに手間暇かけてバカに丈夫」という特色があるから。

この小説の主人公・美也子は小さいころから津軽塗の職人である父の工房に入り浸っていました。周りになじめず、学校も友達関係もうまくいかなかったけれども、工房の作業は自然と手伝っていたそう。

しかし、津軽塗がどんどん売れなくなり、経済的な苦境を見かねた母は父と離婚。美也子もスーパーのレジの仕事がうまくいかず、退職します。しかし、長く使われてきた漆のお椀を修理したことをきっかけに漆で食べていくことを決意。父のもとで修業に励み、最も難しい工程・上塗も任せられるように。そんなとき、弟からオランダの工芸展に出品しないかという誘いがかかります。勝負作として挑んだものは…あの楽器でした。

津軽塗の作り方から津軽弁まで、まるで青森で生活しているかのような感覚になります。一生ものは、津軽塗にしたいと思いました!

この本のすごいところは、伝統工芸ののびしろを明確に書き出していることです。美也子はある楽器に漆塗りを施し、工芸展のコンペで絶賛されたものの、「環境への強いメッセージがあった」作品に負けてしまいます。日本の伝統工芸は、こうした社会的メッセージをもっと発信していくべきなんだよ、ということをひそかに教えてくれているのかもしれません。

第一回暮らしの小説大賞受賞作。

書影は筆者撮影

伝統工芸は40年で80%生産額と従事者が減少しています。
一緒に伝統文化を未来につなぐ活動をしませんか?

けんた

けんた

大学では、都市をフィールドとして学んでいます。また学芸員課程を履修しており、これをきっかけに博物館や美術館に頻繁に行くようになりました。工芸にはまったきっかけは、この美術館巡りをしているときに、東京国立近代美術館工芸館(いまは金沢に移転し、国立工芸館となりました)で様々な工芸作品に出会ったことです。日用のものに込められた美に驚きました。工芸作品は、それぞれの作品が作られた「場所」やそこを取り巻く自然・人々の暮らしを包摂していて、こんなに素晴らしい作品がたくさんあったのか!と感動したのを覚えています。 とらくらでは、「地域」に根ざした伝統工芸を見ていくことで、まちと工芸の関係性・そしてその可能性を探りたいと考えています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

最近の記事

  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  8. 8

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 9

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 10

    布から見つける、日本の文化 vol.0

最新 人気 特集
  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP