個性とアイデア溢れるねぶた祭り

東北

今回私たち青森班は、2022年に300年という節目を迎えた「弘前ねぷた祭り」を見に行きました。コロナ明け3年ぶりの実施ということで全国各地から大勢の人が集まっていました!

そもそもねぶたとは?

ねぶたとは、角材・竹・針金・糸などで作った骨組みに和紙を貼り付けて、絵付けしたものです。「ねぶた」や「ねぷた」と呼ばれますが、これは地域によって訛りが異なることによるので、どちらで呼んでも良いとのことです。

青森ねぶた祭り

 青森県で有名な主なねぶた祭りは、青森ねぶた祭、弘前ねぷたまつり、五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)の3つです。今回の遠方取材では、青森ねぶた祭の最終日の昼に見にいくことができました。

実際のねぶたを見たのは初めてだったのですが、ねぶたの大きさと色鮮やかさ、題材の豊かさに驚きました。特に、ねぶたの題材は昔話や妖怪などの歴史的な物語からアイデアを得たものや、流行っているアニメや活躍しているスポーツ選手を取り入れたものがあり、見ていて飽きませんでした。

 また、人力でねぶたを動かしている点も印象的でした。ねぶた自体を十数人で押し、ねぶたの周囲には進行の指揮をとる人や、太鼓や笛などで音を奏でる人、観客を盛り上げるハネトの人たちなどがいて、一体となってねぶた祭を作り上げている所に圧倒されました。

ねぶた祭には幅広い年代の人たちが参加していて、学校や会社単位で参加している団体や地域単位で参加している団体がありました。大勢の人たちが関わり合いねぶた祭を作り上げていることが伝わり、地域のつながりやあたたかさを感じました。日程の都合上、夜の海上運行は見ることができなかったのですが、夜の暗闇の中ライトアップされるねぶたをまたの機会に見に行きたいです。

解体される儚さ

ねぶた祭が終わるとその年に作られたねぶたは解体されるそうです。骨組みも解体し、完全になくしてしまいます。多くの人が制作に携わり、時間をかけて作った作品を解体することに儚さを感じます。その儚さがあることで多くの人を惹きつけていると思いました。今しか見られない今年のねぶたを記憶に残すためにねぶた祭に県内外から足を運ぶ人が多くいるのでしょう。

ねぷた村にて

最後に

青森の有名なねぶた祭りは青森ねぶた祭、弘前ねぷたまつり、五所川原立佞武多の3つと言われていますが、青森県内各地で多くのねぶた祭りが行われています。ねぶたは青森に根付いた伝統文化の1つです。ぜひみなさんも見に行ってみてください。想像を超える大きさと鮮やかさ、繊細さに感動すると思います。

執筆者:赤嶺 凜

https://instagram.com/rin.a_22?igshid=YmMyMTA2M2Y=

伝統工芸学生アンバサダーとらくらは「伝統工芸を未来と世界に」をビジョンに活動する学生団体です!

関連記事

特集記事

おすすめ記事

  1. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  2. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  3. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI FACTORY~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ KITTEに7月21日~25日まで限定ショールームが開設。

  4. うるしの歴史

  5. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  7.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  8. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  10. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

最近の記事

  1. 次世代へ繋ぐ技術 —デニム手描き友禅染「桑山」

  2. 世界に羽ばたく「ものづくり」の始まり

  3. 輪島キリモトさんの工房を訪ねて

  4. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI POP-UP SHOP~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ 二子玉川ライズ「ガレリア」で期間限定ショールームを開設。

  5. 想いも一緒に伝える加賀水引

  6. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  7. 漆と私たち〜錦古里漆器店にて

  8. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  9. 金箔を「素材」から「主役」へ in箔一①

  10. 個性とアイデア溢れるねぶた祭り

ランキング

  1. 1

    『バカ塗』を世界へ~津軽塗職人父娘の挑戦~ 高森美由紀『ジャパン・ディグニティ』工芸×本

  2. 2

    伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  3. 3

    【クラファンに挑戦し2泊3日の遠方取材実施予定】学生団体とらくらは4期生の募集を開始しました!伝統工芸に興味のある学生の皆さん、一緒に魅力を発信しましょう🐈🐈

  4. 4

    【伝統工芸✖︎大学生】とらくらは約15箇所の工房取材を予定!企画応援者を「スポンサー券」と「NFT」で募集!支援金は取材経費とトロフィー贈呈に

  5. 5

    これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 6

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  7. 7

    伝統工芸×化粧 #1

  8. 8

    上野戦争について詳しく解説してみた〜②大村益次郎の作戦〜

  9. 9

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  10. 10

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

最新 人気 特集
  1. 次世代へ繋ぐ技術 —デニム手描き友禅染「桑山」

  2. 世界に羽ばたく「ものづくり」の始まり

  3. 輪島キリモトさんの工房を訪ねて

  4. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI POP-UP SHOP~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ 二子玉川ライズ「ガレリア」で期間限定ショールームを開設。

  5. 想いも一緒に伝える加賀水引

  6. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  7. 漆と私たち〜錦古里漆器店にて

  8. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  9. 金箔を「素材」から「主役」へ in箔一①

  10. 個性とアイデア溢れるねぶた祭り

  1. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  2. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  3. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI FACTORY~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ KITTEに7月21日~25日まで限定ショールームが開設。

  4. うるしの歴史

  5. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  7.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  8. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  10. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP