【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

INTERVIEW

とらくら記者:かっさん

大阪府立大学経済データサイエンス課程3年。祖母が丹後ちりめんの職人、父が板金会社の社長でした。伝統工芸学生アンバサダーとらくら代表、株式会社wakonartなど複数の文化系企業へ参画し、伝統工芸・伝統文化の継承に力を入れる。

今回は博多織織元「黒木織物」へ取材でした。福岡県の西に位置する黒木織物。海風が気持ち良い自然豊かな街から、800年の歴史を誇る博多織の可能性をどう考え次世代に継承するか、3代目黒木社長にインタビューしました!

まず”博多織”とは

嘉禎元年(1235年)、一人の僧と博多商人であった満田弥三右衛門が宋に旅立ち、織物の技法を習得、帰国して代々受け継がれたのが始まりと言われています。さらにその250年後には弥三右衛門の子孫彦三郎が再び明へと渡り、織物の技法を研究。帰国後は工夫と改良を重ね、生地が厚く紋様の浮き出た織物を作り出しました。そしてその織物が作られた土地から​「博多織」と名付けられたと伝えられています。

引用:https://www.kurokiorimono.com/about-us
写真:黒木織物 工房内の織機の写真

今回の記事のポイント!

  1. 黒木織物は800年の歴史を持つ博多織織元で現在3代目
  2. 未経験でも職人になれる充実した社内教育システム
  3. 今後はITに強い若手人材を積極採用する方針

まず黒木織物について教えてください

黒木織物は800年の歴史を持つ博多織の織元です。1947年に創業して、私で3代目です。当時は現在の西区ではなく中心部の博多区にありました。創業当初の祖父の時代は木製の織機で手織りで製造していました。しだいに力織機が台頭し、工房の大型化や、騒音の問題もあり、現在の海岸部に工場を移転しました。

写真:福岡市西区にある黒木織物本店

地域への心遣いから海岸沿いに移転したのですね。ちなみに、現在従業員の方は何名おられるのですか

従業員は私以外で全員で10名です。機織りが5人、機械整備1人、下準備1人、意匠専任1人、整経専任1人、事務員1人です。

写真:黒木織物 工房内の博多織製造風景

意匠や整経とはどういったお仕事ですか

意匠は一般的なデザインそのものというより、下絵を織物に表現する時に経糸と緯糸の組み合わせを考えたり、その指示を出す仕事です。整経は、経糸を織物のロット分、柄の配置通りに並べていく仕事です。

従業員の方は美術系の大学や専門学校出身の方が多いのですか

いえ、そんなことはありません。特に特別な資格や技術が必要なわけではないです。医療関係や飲食店などの異業種からここに勤める人もいます。1からというより0から工房で指導する体制を取っています。

写真:黒木織物 工房内の博多織製造風景

もしこの記事を読んだ学生が「黒木織物で博多織を織りたい」と問い合わせてきた場合、対応いただけるのですか

直近は新型コロナへの対応が忙しく、積極的に面談は行っていません。ただ、「どうしても話が聞きたい」という方はお問い合わせください。

チャンスですね。このお話聞くまでは「職人」と言えば「ほど遠い存在」というイメージが強かったのですが

いえ、うちの場合ですが「職人として生涯やり切る。日本の伝統文化を後世に繋ぐ」といった強い意思のある人なら職人業をすることはできます。しかし、最初はやはり難しく数ヶ月で離脱してしまう人も多いのが現状です。

なるほど。リアルは想像以上に厳しい道のりなのですね。でも思いがあれば誰でも挑戦できる土台はあるということですね。

写真:黒木織物 工房内の織機の写真

最後に、どんな人材をこれから採用したいとお考えですか

こういうご時世なので、採用活動を大きく行うつもりはないです。会社の強みや方向性をもう一度考え直そうと思います。ただ、SNSやネットショップなどのオンラインに強い若い人材の採用は意識していきたいです。発信を通して物販に繋がり、伝統文化を次世代に繋ぐことができれば嬉しいです。

【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

編集後記

前編は以上になります。博多織を製造する現場のリアルや職人さんのリアルを伺えました。黒木織物の場合、特別なスキルや知識が必要ではなく工房で強い意思を持って日々鍛錬することが大切だと分かりました。また、黒木織物の工房がある福岡県西区糸島付近は、海岸沿いで気持ち良い風と緑で溢れた素敵な街でした。ぜひ皆さんにも工房行ってみてほしいです!

写真:黒木織物工房周辺の風景

取材協力:株式会社黒木織物 代表取締役 黒木和幸氏

     https://www.kurokiorimono.com/

写真撮影:伝統工芸学生アンバサダー とらくら 白江勝行

記事執筆:伝統工芸学生アンバサダー とらくら 白江勝行

『とらくら厳選 』今月のおすすめ工芸品は博多織のストールです!【タップ】で商品概要へ→

かっさん

かっさん

とらくらの代表をしています。よろしくお願いします!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  9. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  10. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

最近の記事

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3. U25に”着物を着る機会”を届ける企画「KIMONOTOモデル」を開始

  4. 【久留米絣】久留米絣の”空間”を作る。坂田織物の絣の未来を作る仕掛けとは

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. まるで『下町ロケット』?!日本の漆を世界へ、松田権六『うるしの話』工芸×本

  7. 工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

  8. この夏注目「再現 女性の服装1500年-京都の染織技術の粋-」展 文化学園服飾博物館

  9. 東京国立博物館レポ~常設展~

  10. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  8. 8

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 9

    布から見つける、日本の文化 vol.0

  10. 10

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

最新 人気 特集
  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3. U25に”着物を着る機会”を届ける企画「KIMONOTOモデル」を開始

  4. 【久留米絣】久留米絣の”空間”を作る。坂田織物の絣の未来を作る仕掛けとは

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. まるで『下町ロケット』?!日本の漆を世界へ、松田権六『うるしの話』工芸×本

  7. 工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

  8. この夏注目「再現 女性の服装1500年-京都の染織技術の粋-」展 文化学園服飾博物館

  9. 東京国立博物館レポ~常設展~

  10. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  9. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  10. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  5. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  6. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  7. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  8. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  9. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP