上野戦争について詳しく解説してみた〜②大村益次郎の作戦〜

COLUMN

上野は江戸時代から現代にかけ歴史ある街です。江戸時代から花見の名所として庶民に親しまれた上野、上野から幕末・明治維新の時代に思いを馳せてみませんか?
今回はその中でも幕末に上野で起こった闘争の上野戦争についてお話をしたいと思います。

上野戦争について

上野戦争は戊辰戦争の中慶応4年5月15日に彰義隊と薩摩藩長州藩を中心とする新政府軍が対立したことによって起こった戦闘です。武装解除に応じない彰義隊に対し武力での制圧を新政府軍は決断しました。薩摩藩士海江田信義は彰義隊らを制圧するのに2万の兵が必要だと主張、長州藩士大村益次郎は現在ある兵(約1万)で十分だと主張し、大村の意見が通り慶応5年5月15日に江戸中に宣戦布告をしました。これを受け彰義隊の人数は全盛期の3000人から脱退者が相次ぎ1000人ほどに減少してしまったという。5月15日の午前8時頃、戦闘が開始しました。新政府軍が新兵器の扱いに戸惑ったこともあり彰義隊とお互いに拮抗した状態が続きます。そこに、佐賀藩のアームストロング砲や四斤山砲の導入により新政府軍は次第に優勢となり、西郷隆盛率いる薩摩藩が激戦地黒門を突破したことにより彰義隊は敗走しました。
新政府軍の圧倒的な数と最新鋭の武器により彰義隊はたったの1日で敗れてしまい、上野はあたり一面焼け野原になったそうです。

上野戦争の激戦区となった黒門は現在も現存しており上野公園にて見ることができます。当時の弾痕が残っており戦いの熾烈さを感じさせます。

大村益次郎の作戦

今回の戦は兵の数からしても勝ち戦が確実ではなく海江田信義を始め多くの人から反対意見が上がりました。2万の兵とは言わずともせめて夜襲のほうが…という意見が多かったそうです。一説では彰義隊が江戸中に火を放つ可能性があったため夜襲は控えたという説も残ってはいますが大村は彰義隊を見事な戦術で破りました。

引用:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/上野戦争

まず、宣戦布告をすることで江戸中にいる彰義隊を本拠地のある寛永寺に集め一気に潰すことができるようにしました。また、宣戦布告することで庶民なども加入していた彰義隊の中で戦を恐れた人が逃げ型の数が少なくなりました。
敵を三方向から囲み追い詰め、一方向に逃げ道を用意するという戦術としては基本的な方法を新政府軍は取りました。

あれ、四方向から囲まないとにげてしまうのでは?と思った方!!!

実は四方から攻めると逃げることもできず追い詰められた相手はなりふり構わず戦うため帰って苦戦してしまうのです。いわゆる火事場の馬鹿力というやつです笑
もちろん逃げ道の先にも兵を配置し、逃げた兵も徹底的に捕縛・捕殺しました。
逃げた兵は戦意喪失している上、数もすくないため僅かな兵力でも対抗できます。

また、大村は佐賀藩が所有するアームストロング砲を不忍池を挟んだ本郷台に配置し、寛永寺に集っている彰義隊に向け集中的に放つことで彰義隊の布陣を崩しました。
黒門から寛永寺の奥へと押された彰義隊のもとに奥に待機していた新政府軍が加勢し彰義隊の陣を崩しました。

これらの作戦により彰義隊は追い詰められ上野戦争は幕を閉じました。
大村益次郎の作戦により死亡者は新政府軍が約100人・彰義隊が約200人と少ない被害かつ半日で上の戦勝を終わらせました。
驚くことに彰義隊の退路や決着がつく時間など殆どが大村の予想通りだったそうです。

まさに天才軍師ですね笑

最後に

今や一つの観光地となって毎日多くの人で賑わっている上野公園でこのような激しい戦争が起こっていたとはなんだか想像しづらいですね。
皆さんの身近な地域にも日本の歴史・文化が潜んでいるかもしれません。
新しい街の一面覗いてみませんか?

伝統工芸は40年で80%生産額と従事者が減少しています。
一緒に伝統文化を未来につなぐ活動をしませんか?

めぐ

めぐ

よろしくお願いします!!!!!!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

最近の記事

  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  8. 8

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 9

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 10

    布から見つける、日本の文化 vol.0

最新 人気 特集
  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP