うるしの歴史

COLUMN

今回ご紹介したい1冊は四柳嘉章さんの「漆の文化史」です。

漆器考古学で見る漆の歴史

漆器考古学とは、遺跡の発掘調査で出土した漆器を検査して、材料や制作方法などの情報を引き出し、考古学的方法で解釈する学問で、著者の四柳先生が提唱されたものです。先生が調査される以前の漆器に関しては、基本的な事実関係の証明すら十分に行われてこなかった現状がありました。そこで、漆かどうかを化学的に決定するため、微量サンプルに赤外線を照射して物質を同定する赤外分光分析を行なったり、そのほかにも1ミリにも満たない漆の塗膜を塗膜偏光顕微鏡や金属顕微鏡でミクロの世界の分析などをして、新しい学問を確立されました。漆器の品質は塗装工程や下地材料の解明によってほぼ決まります。また、品質の解明により、所有者の階層の推測や、遺跡の性格や流通の問題に迫ることもできます。

漆は数千年を経ても劣化が少ないという特徴があります。そのため、縄文時代に作られた漆器が現在も残っており、古いものだと9000年前のものが出土しています。その漆器を分析してみると、縄文時代に既に今日とほとんど変わらない工程と造形技術が存在したことが分かったそうです。具体的には、精製漆、下地、刻苧(コクソ)、焼き付け漆、螺鈿装飾の技法が確認されています。

漆器の流行り、廃り

漆は木、樹皮、竹、皮革、土器、ガラス、何にでも塗ることができることができるため、塗料や接着剤として使われれることが多くあります。そんな汎用性の高さからか、漆器にも流行り廃りがあったようで、朱漆が栄えたり、柿渋下地のものが多く流通したり、はたまた輪島地の粉が使われた丈夫な漆器が流行った時代もあったそうです。一方で、現在には残っていない技法や材料が使われた漆器も発掘されており、現代に残る漆芸技術はどのようにして生き残ってきたのかが分かります。

最後に 

縄文時代の赤色漆で塗られた装身具や特定の壺は呪術的な意味を持つものが多くあります。漆は触れるとかぶれ、人によっては木の下を通っただけで痒くなる時もあります。そうした漆のカブレ現象そのものが畏怖の対象であり、神の力と考えられたために、それが転じて邪悪を払うために、呪具を飾るようになったのではないかと筆者は考えているそうです。

この本では、縄文時代から近世までの漆芸についてまとめられています。昔の人たちが漆とどう関わってきたのか、漆芸がどのように伝統を繋いできたのか感じられる1冊でした。漆芸に興味のある方はぜひ読んでみてください。

伝統工芸は40年で80%生産額と従事者が減少しています。
一緒に伝統文化を未来につなぐ活動をしませんか?

kana

kana

地方芸大で漆芸を学んでいます。 好きな食べ物は餃子🥟 将来の夢は犬と一緒に日本家屋に住むことです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

最近の記事

  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  8. 8

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 9

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 10

    布から見つける、日本の文化 vol.0

最新 人気 特集
  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP