東京国立博物館レポ~常設展~

COLUMN

皆さんこんにちは!めぐです!
今日は東京国立博物館にとらくらメンバーのけんたくんと一緒に行ったのでそのレポートです😆

やっぱり螺鈿

常設展に入ってすぐの漆器コーナーには螺鈿が施された作品がたくさん!虹色に輝く螺鈿が施されているだけで一気に華やかに見えますよね。

螺鈿とは夜光貝など貝の裏の部分がキラキラしているものを削ってはめ込む技法のことで、唐で発展したと言われています。螺鈿にも種類があり、近代で主流な青や紫に輝くものは薄貝、それ以前には厚貝という白色のものが主流でした。博物館に行った際などに確認してみてください👀

あっ!日本刀だ!

次に目を引いたのは日本刀!私もまだまだ勉強中なのですが、純粋にビジュアルが好きです笑今回見た中だと来国行の作が私好みでした!

日本刀の刃文?(模様といった方が伝わるかな?)種類があって基本は2種類「直刃」と「乱刃」です!その中にもいろいろな種類があるのですがそれは別の機会にお話ししますね!端的に言うと、直刃は刃文がまっすぐ、乱刃はうねうねしています。
個人的には現代の機能性重視のシンプルなデザインに慣れているせいか直刃の方が好みです。
皆さんはどっちが好きですか????

昔は武器として肌身離さず持っていたものが現代では美術品としてでしか見られずショーケースの中に丁寧に飾られているところを見ると平和になったなと感じる共に、もう刀では対抗できない人智を超えた強さを人間は持ってしまったことをひしひしと感じさせられます。

さいごに

博物館や美術館が好きなけんたくん、一緒に見ていて彼の知識量には驚かされました!少しの情報で作品への見方がぎらりと変わります。

ウイーン博覧会に展示されていたという作品。最初はそんなすごい作品なんだー素敵だーとなんとなくしか見ていなかったのですが、けんたくんからとあるエピソードを聞いて印象がガラリと変わりました。
この博覧会の展示の後、作品を持って帰る際、船が一つ沈没してしまい多くの作品は日本に戻ってこなかったそう。この作品はたまたま一つ前の船で帰ってきていて今に残っているという話を聞き、形あるものはいつか滅びるという言葉があるように、今残っている数々の作品の凄さを改めて感じました。

たくさんの発見があった一日、とても楽しかったです!
そして、一緒に博物館に行ってくれる人募集中です!笑笑

伝統工芸は40年で80%生産額と従事者が減少しています。
一緒に伝統文化を未来につなぐ活動をしませんか?

めぐ

めぐ

よろしくお願いします!!!!!!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

最近の記事

  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  6. 6

    食と工芸とサイエンス

  7. 7

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  8. 8

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 9

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 10

    布から見つける、日本の文化 vol.0

最新 人気 特集
  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP