2023夏【和紙てまり・藍てまり】松江にしかない!?和紙てまり・藍てまり 

中国
  • とらくら合宿 / 島根班・広島班 / 取材レポート

多くの方が知っているように、色とりどりで、美しく、かわいいイメージのある手毬ですが、和紙や藍染め糸を使用した松江にしかない手毬を、皆さんはご存じですか?今回とらくら島根・広島班は、松江和紙てまり・藍てまりの現在の代表である絹川令子さんにインタビューさせていただきました。

和紙てまり

 和紙てまり/ 出雲民藝紙を利用四 /季折々の花などのちぎり絵

てまりの土台である玉に、安部栄四郎氏の「出雲民藝紙」の和紙を貼り、そこに刺繍糸で縁起の良い模様の刺繍かがりをし、その中に、四季折々の花などのちぎり絵を施してあるてまりです。    

藍てまりとは?

1870年創業の島根県安来市広瀬町の「天野紺屋」さんの、美しい五色の藍糸を使用して、幾何学模様のおもしろさを表現したてまりです。

藍てまり

藍てまり

和紙てまりは、どのようにして出来たのですか?

松江和紙てまり・藍てまりの創始者である、絹川 ツネノさんは、熊本に滞在中、二年ほどで肥後てまりを習得しました。その後、地元、松江で指導をしておられた中で、ある時、人間国宝である安部栄四郎氏の「出雲民藝紙」と出会いました。ツネノさんは、出雲民藝紙の丈夫さと独特の柔らかな和紙に感動し、それらを活かした「和紙てまり」を考案しました。

制作過程を教えてください。

まず、てまりの土台には、木を裁断して乾燥させたものを使用しています。土台ができたら、糸をまいて、綿をまいて、糸をまいてという過程をきれいな球体になることを意識しながら繰り返します。それができたら、その球体を分割し、考えた模様を刺繍かがりしていきます。てまりはいかに球体を分割し、どこを通って糸を通すかがポイントです。

制作過程の様子 / 土台ができたら、糸をまいて、綿をまいて、球体にする

これから、和紙てまりを含め伝統工芸品は残していけると思いますか?

「後継者は?」「どうやって受け継いでいく?」など、よく聞かれますが、1から手間暇かけて作るものは、とても良いものばかりですが、それと同時に今の「簡単に物を買って、捨てる時代」では生き残ることが難しいと感じています。でも、本当に良いものは残っていくと思います。常に技術的にも高め、優れた作品を作り続けることが、細々とでも残っていくと信じたいです。

和紙てまりを作り続ける理由は何ですか?

訪れた人、体験をした人、購入して下さった人達が、和紙てまりを、手元に置いて嬉しい、かわいい!そばに置きたいとおっしゃって下さることが、やはり凄く嬉しいことです。季節の風景、周囲の草花等から発想を得て、和紙てまりで新しいものができないか?と常に考えることが楽しいです。でもそれは簡単な事ではありません。体験なさった子供さんたち、外国の方、男性の方々などの自由な発想でちぎり絵をなさって、唯一無二のご自分のてまりを完成されることにいつも感動します。

とらくら生もてまり作り体験もさせていただきました

「和紙はちぎったほうが良さが出る」とのことだったので、はさみは使わず和紙だからこその良さが出るように意識しました。大き目のサイズのてまりを選んだのですが、それでも細かい作業が多く、改めて職人さんの器用さに驚きました。体験中も、今まで体験に来た方の話や、スペインでてまり体験をしてもらう話などを聞かせていただき、とても楽しかったです。

できあがったてまり

和紙てまり・藍てまりの皆様、たくさんの貴重な体験をありがとうございました!

和紙てまり・藍てまり:https://www.washitemari.jp

執筆者:古谷瑛奈(とらくら4期生)

伝統工芸学生アンバサダーとらくらは「伝統工芸を未来と世界に」をビジョンに活動する学生団体です!

佐伯 葉奈

佐伯 葉奈

アイヌ・アートの魅力にどっぷりはまり中。都内在住の大学です!

関連記事

特集記事

おすすめ記事

  1. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  2. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  3. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI FACTORY~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ KITTEに7月21日~25日まで限定ショールームが開設。

  4. うるしの歴史

  5. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  7.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  8. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  10. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

最近の記事

  1. 日本の伝統工藝を未来につなぐ、「伝え手」と「作り手」になる合宿型プログラム「awaIntern」開催決定!

  2. 【2023夏】宮島の工芸店「signal」

  3. 【2023 夏】しゃもじ!宮島工芸製作所 とらくらin 広島

  4. 2023夏【和紙てまり・藍てまり】松江にしかない!?和紙てまり・藍てまり 

  5. 【完全保存版】京都府の伝統工芸品「西陣織」とは。特徴や歴史、種類まで徹底解説!

  6. 2023夏【和紙ギャラリー】「紙は神に通ず」~ 鹿児島県

  7. 2023夏【高橋鍛冶屋】かぼちゃからお刺身まで!30年以上使える伝統の包丁

  8. 2023夏【亀﨑染工 Part 2】社長さんにインタビュー!

  9. 2023夏【亀﨑染工 Part 1】信頼関係が生む、若手の成長の速さ。工芸のイメージががらりと変わる体験をしました!

  10. 2023夏【岩切美巧堂】熱き職人魂とともに発展し続ける薩摩錫器

ランキング

  1. 1

    加賀友禅と京友禅~武士と貴族の感性の違いが一目瞭然!~

  2. 2

    お茶室のふしぎ。3月のお茶室「釣釜」があるのはなぜ?

  3. 3

    上野戦争について詳しく解説してみた〜②大村益次郎の作戦〜

  4. 4

    伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  5. 5

    『バカ塗』を世界へ~津軽塗職人父娘の挑戦~ 高森美由紀『ジャパン・ディグニティ』工芸×本

  6. 6

    これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  7. 7

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  8. 8

    上野戦争について詳しく解説してみた〜①彰義隊について〜

  9. 9

    【伝統工芸✖︎大学生】とらくらは約15箇所の工房取材を予定!企画応援者を「スポンサー券」と「NFT」で募集!支援金は取材経費とトロフィー贈呈に

  10. 10

    塗りで魅せる津軽塗り ―木村漆工房を訪ねて―

最新 人気 特集
  1. 日本の伝統工藝を未来につなぐ、「伝え手」と「作り手」になる合宿型プログラム「awaIntern」開催決定!

  2. 【2023夏】宮島の工芸店「signal」

  3. 【2023 夏】しゃもじ!宮島工芸製作所 とらくらin 広島

  4. 2023夏【和紙てまり・藍てまり】松江にしかない!?和紙てまり・藍てまり 

  5. 【完全保存版】京都府の伝統工芸品「西陣織」とは。特徴や歴史、種類まで徹底解説!

  6. 2023夏【和紙ギャラリー】「紙は神に通ず」~ 鹿児島県

  7. 2023夏【高橋鍛冶屋】かぼちゃからお刺身まで!30年以上使える伝統の包丁

  8. 2023夏【亀﨑染工 Part 2】社長さんにインタビュー!

  9. 2023夏【亀﨑染工 Part 1】信頼関係が生む、若手の成長の速さ。工芸のイメージががらりと変わる体験をしました!

  10. 2023夏【岩切美巧堂】熱き職人魂とともに発展し続ける薩摩錫器

  1. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  2. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  3. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI FACTORY~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ KITTEに7月21日~25日まで限定ショールームが開設。

  4. うるしの歴史

  5. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  7.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  8. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  10. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP