烏城紬から考える、芸の出発点とは。

けいた

こんにちは!

昨晩、浅草キッドを見て号泣した小濵です。

現在は沢山のエンターテイメントが世の中にあふれ、

NFTアートのようにネット上でやり取りされる芸術も生まれている世界になりました。

原点として、「芸とは何か」を考えさせられるそんな作品でした。ぜひ。

[浅草キッド]https://www.netflix.com/jp/title/81317135

今回紹介するのはそんな、伝統的な芸術、工芸品のお話です。

さてさて本題。

今回は岡山県の「烏城紬」を紹介させて頂きます。

織元 須本雅子さん作「彩雲」

烏城紬は何を隠そう私の地元、岡山県奉還町に伝承館がある伝統工芸です。

僕の自己紹介記事です。地元についても。

おぼろげながら小学生の頃に家庭科室に織機が来て、機織り体験をした記憶がありますね。

烏城紬は県指定の郷土伝統的工芸品にも指定されており、100年以上の歴史を有しています。

今回はいつかインタビューしたいという気持ちを抱いている私が、

烏城紬の特徴を整理していきたいと思います!

①烏城紬の歴史について

「烏城紬は寛政10年(1798年)ごろ、岡山県児島半島の灘崎村迫川、宗津地方中心に起こった袴地織りが始まりです。」(HPより)…1798年ごろ??小濵は生まれてませんし、恐らくこの記事を読まれている方は誰もその時代を教科書以外で知らないのでは…。

(ちなみに1798年␣出来事と検索したところ、本居宣長が古事記伝を完成させて、フランス革命が起きていました。この2件は同時なの!?脱線でした。)

本居宣長の古事記伝

烏城紬は同い年

先述の通り、100年以上の歴史を有するものが伝統、とされているそうですが、伝統工芸初心者の小濵には大きすぎる年月でした…。2022年現在から振り返ると224年。凄まじいいい。

しかもそれ以前から自家の副業として女性たちの手で作られていたそうです。

また、現在の「烏城紬」という名前は二代目 三宅小三郎さんが命名したものです。
現在までに綿と生糸や現在の生糸のみなど様々な変化があった烏城紬の素材ですが、三宅さんは当時、昔ながらの絹織物に変えたいという思いから、糸紡機を考えて絹織物へと変え、名前を付けたという経緯があったようです。

萬年紬や岡山紬と呼ばれていた時期があるようですが、岡山城と同じ”烏城”を関するのは地元民にとって少し誇らしいというか、自分たちしかわからない大事な名前という感じがしていいですね。

また、現代では主流となった「ブランド化」一端ではないでしょうか。
最初は一般的な稼業であった手工業に名前を付けることで現在のブランドとしての輪郭があるように思います。感慨深いです。

後に昭和63年4月8日から岡山県で郷土伝統的工芸品の指定を受けています。

②織元の須本さんの想い

織元の須本さんは現在4代目。

200年以上続いてきた烏城紬は4人の方々によって受け継がれてきたのだと考えると、

並大抵の努力ではなされることではないなと感じますね。

また、須本さんの代からは全行程を一人で行うようになったそうです。

「長くやって来ました。

どうぞ烏城紬が後世に正しく肯定も伝わっていくことを願って

皆様に指導していきたいと思っています。」(オンラインショップより)

正しく伝わること。伝統のあるべき姿とは何かを考えさせられました。

ぜひ考えてみてください。

最後に

ここまで書いてきて思ったんですが、伝統はいつから伝統になるんでしょうか。

家業としてどこかで引き継がれ続けているものでしょうか?

多くの人が関わった技術でしょうか?

その品に名前を冠してからでしょうか?

僕はまだこれが答えだ!というものは見つけられていませんが、

ここまで読んでくださったあなたからアイデアを頂けることを楽しみにしています。

最後に、ごく個人的な意見ですが、僕は烏城紬”伝承館”という名前も好きです。

常に門戸は開かれていて、自分が受け継ぎ手になるかならないか、

そこで待ってくれているかのような、温かさを感じる名前です。

今日はここいらで。ありがとうございました。

==================⇒ぜひHPもご覧ください。

[烏城紬保存会HP] https://ujo-tsumugi.jp/
[女性伝統工芸士展HP]https://awtac.jp/wanotakumizamember?id=10489931

===================

伝統工芸学生アンバサダーとらくらは「伝統工芸を未来と世界に」をビジョンに活動する学生団体です!

関連記事

特集記事

おすすめ記事

  1. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  2. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  3. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI FACTORY~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ KITTEに7月21日~25日まで限定ショールームが開設。

  4. うるしの歴史

  5. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  7.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  8. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  10. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

最近の記事

  1. 次世代へ繋ぐ技術 —デニム手描き友禅染「桑山」

  2. 世界に羽ばたく「ものづくり」の始まり

  3. 輪島キリモトさんの工房を訪ねて

  4. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI POP-UP SHOP~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ 二子玉川ライズ「ガレリア」で期間限定ショールームを開設。

  5. 想いも一緒に伝える加賀水引

  6. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  7. 漆と私たち〜錦古里漆器店にて

  8. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  9. 金箔を「素材」から「主役」へ in箔一①

  10. 個性とアイデア溢れるねぶた祭り

ランキング

  1. 1

    『バカ塗』を世界へ~津軽塗職人父娘の挑戦~ 高森美由紀『ジャパン・ディグニティ』工芸×本

  2. 2

    伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【伝統工芸✖︎大学生】とらくらは約15箇所の工房取材を予定!企画応援者を「スポンサー券」と「NFT」で募集!支援金は取材経費とトロフィー贈呈に

  5. 5

    これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 6

    【クラファンに挑戦し2泊3日の遠方取材実施予定】学生団体とらくらは4期生の募集を開始しました!伝統工芸に興味のある学生の皆さん、一緒に魅力を発信しましょう🐈🐈

  7. 7

    上野戦争について詳しく解説してみた〜②大村益次郎の作戦〜

  8. 8

    伝統工芸×化粧 #1

  9. 9

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  10. 10

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

最新 人気 特集
  1. 次世代へ繋ぐ技術 —デニム手描き友禅染「桑山」

  2. 世界に羽ばたく「ものづくり」の始まり

  3. 輪島キリモトさんの工房を訪ねて

  4. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI POP-UP SHOP~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ 二子玉川ライズ「ガレリア」で期間限定ショールームを開設。

  5. 想いも一緒に伝える加賀水引

  6. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  7. 漆と私たち〜錦古里漆器店にて

  8. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  9. 金箔を「素材」から「主役」へ in箔一①

  10. 個性とアイデア溢れるねぶた祭り

  1. 地域を盛り上げたいという想いから始まった眼鏡ブランド

  2. 金沢取材〜金箔の製造工程 in箔一②

  3. 【注目イベント速報】TOKYO DENTOKOUGEI FACTORY~伝統工芸の職人技とふれあえる5日間~ KITTEに7月21日~25日まで限定ショールームが開設。

  4. うるしの歴史

  5. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  6. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  7.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  8. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  10. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP