食と工芸とサイエンス

COLUMN

1年間で半年しかオープンしないレストラン

画像引用:https://00m.in/6gcrM

エル・ブジっていう、世界一予約の取れないレストランがあったんだけど、そこがなかなかに科学すぎて面白い。どう科学かって言うと、機械でなんでもかんでもムース(エスプーマ)にして提供しているところとか、そのレシピを公開したりとか。世界一予約の取れないレストランって聞けば、ミシュラン三ツ星シェフがいっぱいいて、都会の一等地に構えていて、そこでしか味わえないみたいな、グランメゾン東京みたいな世界観を憶える人が多いと思うけど、実際は真逆だった。料理人はシェフじゃなくて機械、立地は山奥、しかもレシピは公開、店内はガラス張りだから、調理シーンも丸見えどころか、厨房に招待しちゃう。レストランていうより研究所みたいな語呂だなあと感じる。また、1年間で半年しかオープンしないってところも面白い。ブランディングで半年しかやりませんってしているわけではない。このエスプーマの研究に半年使っているそうだ。
この中で最も科学なテイストが入っているのは、レシピを公開しているところだと思う。これらすべてが価値として認められているなら、もっとクローズにして希少性高めてブランディングに力入れたら大儲けできたはずだろう。にもかかわらず、半年かけて研究したレシピも調理シーンも公開しているところが、アカデミックな部分でいう論文、デジタルな部分でいうとGitHubに近いと感じた。

オープンソースの有益性

引用:https://00m.in/6gcrM

エル・ブジのエスプーマ以外にも、オープンソースでものすごい結果を出したものは他にもある。直近では、オードリー・タンのJoinやv台湾、さらにはパンデミックを封じ込めることにつながった全民健康保険(日本でいう健康保険制度)のオープンソース化が挙げられる。さらに、Joinやv台湾のメカニズムの1つにもオープンソースのPol.isが使われている。
なんでこんなにもオープンソースが強いのか。理由はいくつかあると思うけど、僕は、ファーストオーサーがわかることとか、ユーザーに課題設定の主導権の付与、大まかな合意性(≒フェア)の確認みたいな、査読を経ても限りなく近い答えしか出ない世界がもたらされることだと考える。結果、競争がなくてもブランディングに繋がるのだろうなあと。

工芸のオープンソースの考察

引用:https://www.elle.com/jp/culture/travel/g100484/tfe-kyoto17-0410/

研究者ってかなりアーティスティックな側面が強いと思っていて、問いを自分で決める作業ってまさにゼロイチだし、この部分は、オープンソースの有益性の1つの課題設定の主導権に近い。この問いの発想から裏付けるにはを組み立てて定義して実験してって、インスピレーションな部分もあるはずってところも考えられる。自分が工芸で何を表現したいか、どう表現するかを考える工程と似ている。じゃあ、工芸もオープンソースにしたってアーティストの精神性は残るわけだし、ファーストオーサーを残せるから職人のブランド価値は維持・向上できるし、限りなく近い答え(≒対象の工芸品)の中で自身のクリエイティブの表現の思考(≒課題設定の主導権)があるし、メリットはかなり多いと考えている。
まあ、1番は工芸への参入障壁は下がってユーザーが増えるなら、どんな形であれ工芸自身の保存はできているから課題の1つは解決できるんじゃないかなって思ってます。

伝統工芸は40年で80%生産額と従事者が減少しています。
一緒に伝統文化を未来につなぐ活動をしませんか?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

最近の記事

  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  8. 8

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 9

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 10

    布から見つける、日本の文化 vol.0

最新 人気 特集
  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP