工芸×本 「民藝」と「とらくら」は似ている…?倉敷民藝館『民藝品とは何ですか 民藝館の仕事』

COLUMN

この連載では、【工芸×本】ということで、工芸に関する様々な書籍について紹介していきたいと思います!本屋さんに行ってみると、美術に関する本棚はたくさんあるのですが、工芸のジャンルになると、一気に少なくなってしまいます💦しかし、数が少ない分面白い本が見つかりやすくもあるんです!

記念すべき第一回の本は、倉敷民藝館が発行している『民藝品とは何ですか 民藝館の仕事』という本です。

◆ 民藝品とは=7つの性質

実用性…用に即した美であること

民衆性…作る者も使う者も一般の民衆

協力性…祖先と仲間との協力の仕事

無名性…自己主張しない

多数性…美の普及のために必須

安価性…ただし、安かろう悪かろうではない。怠慢のない繰り返しの労働と、おごらぬ生活によってもたらされる「真の安価」

自然性…材料は自然の物。作り手の心もまた自然。

◆ 民藝館の仕事=12の仕事

集めること…民衆が作ったもの、手で作ったものも、機械を利用したものも含む

選ぶこと…「利のため」の物でもなく「趣味のため」の物でもなく「鑑賞のため」の物でもなく「用のため」の物を選ぶ

守ること…ただ古いことへの懐古趣味ではなく、正しい伝統を選ぶこと

並べること…一体となって統一された美しさを作ること

見せること…「品物を直によく観ること」

調べること…ものしりになるのではなく、民藝の美しさの根拠を知る

学ぶこと…秘伝ではなく、公に・その道を学ぶこと

説くこと…民藝を広めるとともに、誤解を解く

作ること…次の時代につなげる

使うこと…使うことによって本来の役割を果たす

暮すこと…使うことによって、暮すことへ

喜ぶこと…美の喜びを感じること

◆ とらくらのコンセプトと民藝の考え方は似ている?!

誰もが工芸品を生活に取り入れ、文化を嗜み

自然、ひと、歴史の豊かさを享受する生活

そんな文化生活を日本中に広めていきます

これは私たち、Z世代が伝統工芸について発信していく、とらくらのメディアコンセプトになっています。

https://torakura.com/

さて、振り返ってこの本に書いてあった内容と照らし合わせてみてみると結構いろんなことが重なってきますよね。特に、実用性・民衆性などはとらくらのが扱っていく工芸品に、そして活動に民藝館の仕事はほとんどそのままとらくらの活動に重なってきます。もちろん、民藝が提唱された時代と今では戦略を変えなければいけない部分もあります。特に民藝が提唱する無名性は、一層情報があふれ、100均でなんでもものが手に入る現代においては、逆に衰退してしまう原因になりかねず、こうした点は時代に合わせて修正されるべきで、そうしたことをとらくらでは行っていきたいですね。

『とらくら厳選 』今月のおすすめ工芸品は博多織のストールです!【タップ】で商品概要へ→

けんた

けんた

大学では、都市をフィールドとして学んでいます。また学芸員課程を履修しており、これをきっかけに博物館や美術館に頻繁に行くようになりました。工芸にはまったきっかけは、この美術館巡りをしているときに、東京国立近代美術館工芸館(いまは金沢に移転し、国立工芸館となりました)で様々な工芸作品に出会ったことです。日用のものに込められた美に驚きました。工芸作品は、それぞれの作品が作られた「場所」やそこを取り巻く自然・人々の暮らしを包摂していて、こんなに素晴らしい作品がたくさんあったのか!と感動したのを覚えています。 とらくらでは、「地域」に根ざした伝統工芸を見ていくことで、まちと工芸の関係性・そしてその可能性を探りたいと考えています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  9. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  10. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

最近の記事

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3. U25に”着物を着る機会”を届ける企画「KIMONOTOモデル」を開始

  4. 【久留米絣】久留米絣の”空間”を作る。坂田織物の絣の未来を作る仕掛けとは

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. まるで『下町ロケット』?!日本の漆を世界へ、松田権六『うるしの話』工芸×本

  7. 工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

  8. この夏注目「再現 女性の服装1500年-京都の染織技術の粋-」展 文化学園服飾博物館

  9. 東京国立博物館レポ~常設展~

  10. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  8. 8

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  9. 9

    布から見つける、日本の文化 vol.0

  10. 10

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

最新 人気 特集
  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3. U25に”着物を着る機会”を届ける企画「KIMONOTOモデル」を開始

  4. 【久留米絣】久留米絣の”空間”を作る。坂田織物の絣の未来を作る仕掛けとは

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. まるで『下町ロケット』?!日本の漆を世界へ、松田権六『うるしの話』工芸×本

  7. 工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

  8. この夏注目「再現 女性の服装1500年-京都の染織技術の粋-」展 文化学園服飾博物館

  9. 東京国立博物館レポ~常設展~

  10. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  9. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  10. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  1. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  2. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  3.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  4. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  5. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  6. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  7. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  8. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  9. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP