工芸×大学 第2弾  ー私の大学生活ー

COLUMN

前回、ざっくりと美大や工芸科について書いたので、今回は私の大学生活について詳しく書いてみようと思います。

私は美術工芸学部に所属し、工芸を専攻しています。午前中は自分で選んだ一般教養や語学、美術学の授業を受け、午後は全員必修の実技の授業を受けています。実技は基本的に毎日で、大体4〜5時間あります。楽しいので一瞬で時間が過ぎていきます。

私の大学では染・織・陶・漆の4分野の授業を2回ずつ体験してから、自分のコースを決めます。その中で印象的だった授業をいくつか紹介します。

・土器(陶)

まさかの土づくりからのスタートでした。陶芸用ではなく、畑の土から小石などを取り除き、ふるいにかけて細かくした土に少しずつ水を加えます。みんなで裸足になって円になり、グルグルと回りながら土を踏み歩きました。4時間ほど土をこねていたので、あるグループが歌いながら疲れを紛らわしていたのが印象的でした。

陶芸に向いていない土なのでヒビが入りやすく、形成が難しかったですが、遠い昔の人たちと同じことをしていると思うと嬉しくなりました。焼く時も釜は使わず野焼きしたので、渋い作品たちに仕上がりました。

・綴織(織)

つづれおり、と読みます。簡単に言えば、経糸(たていと)を緯糸(よこいと)で包み隠すように織るため、経糸が見えない織り方です。ノッティングやループなどもデザインに入れると、1日作業して数センチしか進まないこともあり、機械の凄さを実感します。それと同時に、織り手さんに尊敬の念を抱きます。

日常で目にすることの多い布を織ることで、我々の生活がいかに便利で、そしてその影に数多の先人たちの努力があることに気付けるので、義務教育で織の授業があったらいいのにと思いました。

・番外編 石彫(彫刻)

1年の前期は、日本画やデザインなど他の学科の授業を受けます。彫刻もその一つで、夏の暑い日に、長袖・長ズボン・帽子・ゴーグルをつけて、汗を流しながらの作業でした。大理石をノミで少しずつ削っていくのですが、金槌をもつ右手が筋肉痛になり、蚊に噛まれ、暑さにやられて大変だったので記憶に残っています。先生が振舞ってくれたゴーヤとバナナのジュースが忘れられない味でした。先生曰く、何度も飲んでいるうちに美味しく感じるそうです。(元気が出るので、夏バテ対策におすすめです。)

いかがでしたでしょうか。今回は私の思い出話になりましたが、楽しんで読んで頂けたなら幸いです。

伝統工芸は40年で80%生産額と従事者が減少しています。
一緒に伝統文化を未来につなぐ活動をしませんか?

kana

kana

地方芸大で漆芸を学んでいます。 好きな食べ物は餃子🥟 将来の夢は犬と一緒に日本家屋に住むことです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

最近の記事

  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  7. 7

    【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  8. 8

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 9

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 10

    布から見つける、日本の文化 vol.0

最新 人気 特集
  1. 烏城紬から考える、芸の出発点とは。

  2. 私のお気に入り~みねばり櫛~

  3. 焼成とは何か?身の回りのものを焼いてみた  〜土から焼き物になるということ〜

  4. 紺と白 駿河和染

  5. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  6. 初めましての挨拶

  7. 江戸小紋-粋と洒落- 

  8. 2021/12/16(木)開催「春はあけぼの、夏は夜、 秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ IT’S SHOW TIME」

  9. 牛首紬~エルメス出身デザイナーと見つける新しい形~

  10. 伝統工芸×体験2 螺鈿細工

  1. 第65回東京都伝統工芸品展・新宿高島屋で1月19日(水)1月20日(木)開催(内容変更に伴い一部修正)

  2. うるしの歴史

  3. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  4. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  5.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  6. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  10. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  1. 着物ってどうやってカタチができるの?和服縫製のプロに聞いてみました!

  2. これは何絞り?絞り染めと生地の違い、見どころ。藤井絞 part2.

  3. 新しい商品を作り上げる姿勢と作り方 藤井絞 part1.

  4.  【丹後ちりめん】絹糸の魔術師ワタマサが仕掛ける織物ブランド

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  7. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  8. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  9. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  10. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP