【伝統工芸とは】とらくらメンバーかほさんにインタビュー

りゆ

とらくら記者:りゆ

日本の伝統技術よせものを使った「よせものジュエリー」に目がない女の子。とらくらに入り着物にも興味を持ち始め、最近は着物の着こなしや普段使いでも楽しめる方法、レンタル着物について調べるのがひそかなマイブーム。

今回はとらくらメンバーのかほさんにインタビューをしました。とらくらとして一緒に活動し学んできたメンバーの伝統工芸に対する想いや考えを改めて聞きました。

今回のポイント

  1. なぜとらくらに入ったの?
  2. かほさんの思う「伝統工芸」とは?
  3. ナマの伝統工芸に触れてその身近さを伝えたい!

今回は、伝統工芸学生アンバサダーとらくらメンバーとして活動されているかほさんの『伝統工芸』のイメージや、伝統工芸の未来のために取り組んでいきたいことを話していただきました。実はそもそも伝統工芸がすごく好き!というわけではなかったそうですが…

なぜとらくらに入ったの?

りゆ:伝統工芸がすごく好き!というわけではなかったけれど、伝統工芸学生アンバサダーに応募したと。どんなところに興味を持ったのでしょうか。

かほ:漠然とですが、大学生のうちに何か行動したいと思っていました。伝統工芸や日本文化に興味もありましたし、自分たちから積極的に活動している学生の方々に関わりたいと思ったので応募しました。

りゆ:伝統工芸や日本文化に興味を持ったのは何かきっかけがあったのですか。

かほ:大学で様々な人と交流する中で、他の国の人たちが自国の文化について話しているのに自分が日本のことを説明できないのは悲しいなと感じたんです。自分の国の文化を堂々と話せるようになりたい。そう思ったのがきっかけかなと思います。

かほさんにとっての「伝統工芸」

りゆ:ではかほさんは最初伝統工芸にどんなイメージをお持ちでしたか?

かほ:「大事にしてきたもの、受け継いできたこと、受け継いでいることに意味があるもの」というイメージでした。あとは人の気持ちがこもっているものというイメージでしたね。

りゆ:伝統工芸などについて学ぶ講座『とらくらカレッジ』を終えた後、伝統工芸に対してのイメージは変わりましたか。

かほ:変化したというよりは、自分の持っていた伝統工芸のイメージがその通りだなと再確認した感じです。ただそこに追加で思うことがあって。

りゆ:自分の持っていたイメージに追加で思うことがあったと。それはいったい?

かほ:とらくらカレッジのある回で『DX (デジタルトランスフォーメーション)』について学ぶ回があったんです。DXっていうのは『IT技術の浸透が人々の生活をあらゆる面でよりよい方へと変化させる』という考え方のことで、「守ることと変化させることは違うことではない」という講師の先生の言葉が印象的でした。

りゆ:それがかほさんの伝統工芸のイメージに影響をあたえたと。

かほ:今の伝統の守り方ではまずいんだなと感じたんです。伝統工芸も時代によって変化することで次の世代に受け継がれていく、ただ昔のままの形や手法を維持しているだけでは本当に守りたいものが守れないんだと。

りゆ:次世代につなげていくために、また伝統工芸が生き残っていくためにDXに将来性を感じたのですね。

かほ:はい。本質を守ることが重要なのであって、形式を守ることが重要なのではないと。受け継いでいくために、デジタル技術を取り入れることで作り手にも様々なメリットがあると思います。

「伝統工芸って身近なものなんだよ」と伝えたい

りゆ:今までの自分の考えやとらくらカレッジを受けた後のことを踏まえて、今現在かほさんが思う伝統工芸のイメージはどのようなものですか?

かほ:大事に受け継いできた伝統工芸。デジタルの力を借りることで、さらに時代に合った届け方や商品の開発、作り手さんの環境改善などもできる可能性を秘めているものというのが今の伝統工芸へのイメージです。

りゆ:とらくらのメンバーとして今後も活動していかれると思いますが、今後どのようなことをしてみたいですか。

かほ:発信はもちろんなのですが、取材などを通してナマの伝統工芸に触れてみたいです。実際に足を運んで自分で体験することで「伝統工芸って身近なものなんだよ」ってことをしっかり分かりやすく伝えていければと思います!

りゆ:かほさんの取材記事を読めるのが楽しみですね!素敵なお話をありがとうございました。

編集後記

とらくらに入ったきっかけや、カレッジで学んだ伝統工芸についてを踏まえ「伝統文化の身近さを伝えたい」と話していたかほさん。インタビューをしている際も、これから始まる伝統工芸作家さんたちへの取材の想いがバシバシ伝わってきました。これからのかほさんの活動や今後書かれる取材記事も、とても楽しみです。

みなさんもぜひ、チェックしてみて下さいね!

『とらくら厳選 』今月のおすすめ工芸品は博多織のストールです!【タップ】で商品概要へ→

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  2. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  3. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  4. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  5. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  6. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  7. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  8. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  9. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

最近の記事

  1. 東京国立博物館レポ~常設展~

  2. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  3. アニメが再出発地点となった話

  4. 着物好きの間で話題急騰中の「N180」というイベントに行ってきました!

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 『バカ塗』を世界へ~津軽塗職人父娘の挑戦~ 高森美由紀『ジャパン・ディグニティ』工芸×本

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. 工芸×大学 ーきっと知らない芸大の秘密ー

  10. 1on1取材記事:伝統工芸とは

ランキング

  1. 1

    伝統工芸×化粧 #1

  2. 2

    ここらでごいっぷくいかがですか。〜工芸×お茶で切り取る世界とは〜

  3. 3

    【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  4. 4

    【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  5. 5

    食と工芸とサイエンス

  6. 6

    【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  7. 7

    布から見つける、日本の文化 vol.0

  8. 8

    東工大発ベンチャー認定 学生ベンチャー企業 ENTOTSU 代表取締役 石川氏がとらくらに参画!

  9. 9

    布から見つける、日本の文化 vol1 〜ゆかた〜

  10. 10

    【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

最新 人気 特集
  1. 東京国立博物館レポ~常設展~

  2. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  3. アニメが再出発地点となった話

  4. 着物好きの間で話題急騰中の「N180」というイベントに行ってきました!

  5. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  6. 『バカ塗』を世界へ~津軽塗職人父娘の挑戦~ 高森美由紀『ジャパン・ディグニティ』工芸×本

  7. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  8. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  9. 工芸×大学 ーきっと知らない芸大の秘密ー

  10. 1on1取材記事:伝統工芸とは

  1. とらくらアンバサダーがおすすめする、この夏注目の展覧会3つ! 東京近辺

  2. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  3. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  4. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  5. ある日手にとった薬草に感動し奈良でブランド立ち上げ jiwajiwa 松本梓さん

  6. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  7. 【小石原焼 カネハ窯】標高500m大自然と共生する”半農半陶”とは!?

  8. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  9. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

  1. 【着物メディア編集長に聞く!】20代は知らない!?着物業界のリアル。

  2. 【有田焼 李参平窯】陶祖の想いを再興する十四代李参平の挑戦。

  3. 【久留米絣】いにしえのロマンを語る “野村織物” の洋服への挑戦

  4. 【アリタポーセリンラボ】世界のラグジュアリー市場へ挑む秘策とは。

  5. 【博多織 黒木織物】異業種とのコラボに挑戦!? (後編)

  6. 【博多織 黒木織物】未経験でも”職人”になれる!? (前編)

TOP